FC2ブログ

Tsujisaki Family Communication Corner

2013 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08
マウスストーカー

赤虫

2013/07/31(Wed) 02:31
● 昨日の夜、金魚さんたちに、暑い中、頑張って泳いでいるご褒美として買ってきた、赤虫をあげると、最初はいつもの丸い餌ではないなあ!?っと訝しげに様子を伺いながらも、一口食べた途端、美味かったのか、いきおいよく、貪り食べはじめ、あっと言う間に食べつくしてしまいました。もう少しあげようかとおもいましたが、給餌の際の注意点で、"飼い主の食べさせたい欲求"を抑圧しなければ、金魚さんは胃腸がない分、与えられた分をそのまま、食べてしまい、他の内臓の消化に負担がかかり、長生きしない体になるらしいので、我慢しました。金魚も人間も腹八分目が良いらしい。







高田 美子  "金魚のお昼寝" (1919)
(鹿島鳴秋作歌・弘田龍太郎・奥田瀧一編曲)





作曲は 弘田龍太郎。アニメーションの名作『くもとちゅーりっぷ』(1943) "の音楽も、手掛けておられます。






スポンサーサイト
未分類 コメント:0 トラックバック:0

金魚と映画『マダガスカル3』と『きかんしゃトーマスとなかまたち』展

2013/07/28(Sun) 07:38
● 昨日は6時起きして、金魚を飼い始めてから、一週間たった水槽を8時まで、2時間かけて念入りに洗浄清掃!!金魚の平均寿命は10~15年らしいです。今までそんなに長く飼った記憶がありません!!よっぽど、手を抜いておったのか、せいぜい1年くらいもったら良いほうでした。それで、今までの飼育法を反省して、ペットショップや飼育法の本のアドヴァイスを念頭において、長生きさせるための"おつとめ"を実行しております。



 9時より長男智之のピアノ教室。発表会も近づいておるので、練習あるのみです。今年は同級生の女の子と連弾もありますので、気の抜けない発表会になります。本人より、親のほうが、焦っております!!

 10時30分より、市民会館で、家族で、映画『マダガスカル3』を鑑賞しました。これが、カーチェイスにはじまり、数々のアクション場面があったり、くど過ぎないギャグ場面も、もりこまれ、最後にハート・ウォーミングで閉めるアメリカ映画らしい良作でした。皆様にも、おすすめでございます。主役の動物達もおもしろいですが、敵役の動物管理課の女性警察官のいかにもアニメーションでしか表現できない、きもおもしろさが秀逸です。

 4時ごろ、長男のお芝居の先生のお礼返しのものを京都伊勢丹で購入するついでに、『きかんしゃトーマスとなかまたち』展を鑑賞しました。原作者のウィルバート・オードリーさんの三人の挿絵画家の原画をメインに展示され、その他、原作者の手書き資料やテレビ版に使用された車両も展示されておりました。私と家内はやはり、トーマスの目がピース・カットされた、初代のレジナルド・ダルビーさんの絵が一番良いと思いました。それから、びっくりしたのが、原画のサイズが絵本に出てくるサイズと同じで小さかったことです。それから、おみやげに、特にそこで買わなくてもよいものばかりでしたので、こどもたちには原画展オリジナルのトーマスの絵が描かれている缶入りキャンディーと図録を購入しました。








 また観たい映画です。アメリカ映画の良さが詰まっている良作!!

Peter Asher  "Love Always Comes As A Surprise"
Madagascar 3: Europe's Most Wanted Original Soundtrack(2012)









未分類 コメント:0 トラックバック:0

長男 帰宅

2013/07/26(Fri) 04:55
● 長男の智之が学童の夏合宿の後、一日おいて、23日よりおじいちゃんと二人で行っていた、二泊三日の熊本県の『名探偵コナン』のミステリーツアーより帰宅。定番の城や阿蘇山、いろんな寺社や藤田嗣治の美術館へ行きながら、謎を解いていくらしい。それから、旅先で出会った人の話、旅館の話などを聞かせてもらいながら、もりだくさんに旅行を楽しんできたようで良かった。最後に私が前からほしくて、たのんでいた土産品の"ベロ出し人形"がなかなか見つからず難儀したらしく、現地の方々の協力で四方八方探してもらい、手に入れてくれたことに感謝・感激・雨・霰!!ほんま、おおきに!!










 今の嬉しい気分に合うB.G.Mです!!この方の他の曲のPVのAnimationも音楽同様におもしろいです

Shugo Tokumaru  "Parachute" (2007)



Animation: Chanson Sigeru






未分類 コメント:0 トラックバック:0

絵本原画展 『きかんしゃトーマスとなかまたち』

2013/07/24(Wed) 06:48
● 21日の日曜日、予約していた長男の旅行チケットを購入する際に、京都駅構内を歩いていて、たまたま絵本展のイベントに出くわして知りました。次男のみイベントに参加させてやり、記念撮影やふわふわジャンプや,繰り返し、トーマスに乗車させてあげ、喜んでいました。絵本展は次の休日の朝から、ゆっくりと鑑賞する予定です。おそらく関連グッズを買い込むでしょうなあ!!主催者側の思う壷ですなあ!! 開催期間 7月20日(土)-8月12日(月) 美術館「えき」KYOTO (ジェイアール京都伊勢丹7F)。







 アンパンマンと並び、こどもたちの定番ですね!!

Mike O'Donnell & Junior Campbell  "Thomas The Tank Engine Theme Song " (1983)








未分類 コメント:0 トラックバック:0

学童合宿と金魚

2013/07/21(Sun) 11:31
● 昨日の20日から夏休みの長男の智之と家内の二人が学童保育のイベントである、1泊2日の夏合宿で、"瑠璃渓"へ行っております。二人だけで、出掛けることは今までありませんでしたが、良い思い出をたくさんつくってくることでしょう!!私と次男の裕之はお留守番。午前中は、おじいちゃんが二人を見送りがてら、来てくれましたので、世間話と小旅行のお話(なんと!!長男とおじいちゃんとで、次は熊本まで『名探偵コナン』のミステリーツアーに出掛けるらしい!!)、おじいちゃんの奢りで、お買い物をした後、野球好きのおじいちゃんを高校野球の京都予選大会の球場である、西京極にある"わかさスタジアム"まで、送ってあげた後、月初めに、失敗した金魚飼育を再開する、絶好の機会ですので、品揃え豊富な観賞魚専門の"光鱗"さんで、金魚の物色。結局、目の保養だけで、帰宅。次男のお昼寝している隙に近所の"ぺっと・ふりーく"さんで丸味があり、比較的飼育のやさしい"オランダ獅子頭"を2尾購入しました。今回は慎重に店員さんに、よさそうな子を選んで頂き、彼らが来るまでに、図書館で得た金魚さんに関する知識をもとに、準備が整えられた水槽に来てもらいました。これからは彼らの水環境を注意をはらいながら、育ててあげます。その習慣が慣れたあたりから、彼らがブログねたとして、登場してくることでしょう。







 私もこの曲の細野さんの詞のように迷いながら進んでは戻りしておる毎日・・・

Y.M.O.  "Gradated Grey" (1981)








未分類 コメント:0 トラックバック:0

Paul McCartney

2013/07/20(Sat) 13:15
● 11年ぶりの来日公演決定です!!私達、家族にとって、すごくタイムリーで良かったです。長男の智之には絶対に公演を鑑賞させたい音楽家の1人でしたので小躍りしました。少しお高いチケットですが、ボーナスもでましたので、大阪公演の詳細がわかり次第、即ゲットします!!







Paul McCartney  "Pipes Of Peace" (1983)








未分類 コメント:0 トラックバック:0

眠気

2013/07/18(Thu) 22:29
● 最近、仕事をしていて、いきなり電動式の玩具のように急に電池が切れて、仕事の手が止まり、うつらうつらとしてハットして目を覚ます日が続いております。暑さのためか、夜に充分、睡眠がとれていないのかなあと思います。仕事でミスを犯さないために、気をつけて、暇を見つけては眠るようにしようと思います。しかし、寝ても寝ても眠いのはどうしてなのだろうか?歳のせいかなあ?不思議です。







The Cure  "Lullaby " (1989)








未分類 コメント:0 トラックバック:0

大津市科学館

2013/07/17(Wed) 02:36
● 日曜日、月曜日の休日2日間、お隣の滋賀県の近江大橋を過ぎた辺りにあります、大津市科学館に行っておりました。いろいろと触ったり、体験して楽しみながら科学の知識が身につく良い施設です。長男も次男も遊び感覚で嬉々としながら楽しんでおりました。分からないことは巡回されている専門家の方やボランティアの方が教えて下さいますので、助かります。長男の今回の科学館へ行く、本命でありました、『名探偵コナン』のプラネタリウムの番組もありましたので、満足気でした。周囲も琵琶湖に面した膳所城址公園もあり、ボール遊びや釣りもできますし、食事するところやスーパーもありますので、一日遊べそうな場所です。2日目の帰りにカラオケ屋さんに行き、和気藹々と楽しんで参りました。今年の祇園祭は家族が行きたがっておりませんので、スルーします。







Thomas Dolby "She Blinded Me With Science" (1982)








未分類 コメント:0 トラックバック:0

『原爆の子』

2013/07/13(Sat) 03:29
● 今週は有難くも、仕事が忙しい日々を送らせて頂き、ブログの更新ができませんでした。忙しい最中、暇をみつけて、レンタルしておりました新藤兼人監督の『原爆の子』を鑑賞しまして、皆様にもおすすめしたくて、ここに記しておきます。作品はアメリカ軍が日本の占領撤退後の1952年の制作で、瀬戸内海のとある小島で先生をしている女性が、夏休みを利用して、広島に住む親友を頼りに、原爆投下の日の1945年8月6日、幼稚園の先生をしておりました当時の教え子の消息を尋ねるべく、7年経過した広島の町を練り歩きます。(この映画のロケ地は本当の広島市なので、リアルな7年後の様子もみられます。)そこで、出会う人々の清々しい逞しさを観ることができます。それから、原爆症で苦しむ場面も、もちろん、あります。なかでも、主人公が当時、家族とともに、暮らしていた家で小姓をしていたお爺さん(滝沢修さん!!とても優しそうな善人顔の好きな俳優さんです!!)と孫の悲しくも優しいお話には泣かされます。主人公が身寄りのない孫を不憫に思い、引き取って一緒に暮らそうとするも、お爺さんとしては、原爆で顔には酷いケロイドと身体がまともに動けず、物乞いの生活で、孫だけが生きがいの日々でしたので、頑として譲ろうとしませんでした。しかし、孫の将来の事を考え、孫を騙して手紙を主人公に渡すようにお使いにださせて、託すことにしました。その後、自暴自棄になり、お酒を飲み自ら住む乞食小屋に火を放ち、亡くなってしまうのです。最後に、主人公と託された孫が島へ渡る途上、上空に飛ぶ飛行機の音に不安気に仰ぎ見るシーンがいつ終りとなく続く戦争の予兆にもとれます。この作品は世界的にも反戦映画として、話題になったようです。皆さん一度ご覧あれ!!







Maria Callas "Ave Maria" (1825)

 

Franz Peter Schubert






未分類 コメント:1 トラックバック:0

向日市天文館

2013/07/07(Sun) 07:09
● 私達一家が住む向日市には子供から大人まで楽しめる施設である、天文館があります。それも、設立されてから20年経ったそうです。それを記念したプラネタリウムの無料投影が本日の七夕の日まであります。プラネタリウムは昨年の10月に、旧来の光学式からディジタル式へ移行されまして、色んな投影が可能になりました。そのプラネタリウムで投影する絵を募集しておりますので、私達一家は只今、制作中でございます。それから、よく観望会もされております。その観望会で、はじめて、土星を観た時の感動が忘れられません。これからも、家族みんなで、利用していきたい施設です。







Hoagy Carmichael "Stardust" (1927)
 







未分類 コメント:0 トラックバック:0

懺悔

2013/07/05(Fri) 02:57
● 先月の終わりの日に購入した金魚を不手際から、死なせてしまいました。生き物を飼うにあたっては、よくそのものの事を分かり、万全なる環境を整えた上で、初めてそれを飼う資格が成立する。安易に可愛いから飼おうでは駄目でした。『金魚さん、ごめんなさい。』死を無駄にしない為に、よく勉強してから、再チャレンジさせてもらいます。合掌。







Jeff Lynne "Now you're gone" (1990)








未分類 コメント:0 トラックバック:0

いつも通り

2013/07/02(Tue) 06:04
● 1日から長男の智之が、いつも通りの集団登校できるようになりました。少し肩の荷が下りた様に感じます。前日の30日には長い間休んでいるスケートの事で、心配してくださる先生に、智之の様子を見て頂き、少しずつ焦らず続けていくお話もできて良かったです!!再始動に向けての準備はさせていこうと思います。健康が一番大切なのが、すごく実感できた、一ヶ月でした。







大貫妙子・土岐麻子 "いつも通り" (1975)








未分類 コメント:0 トラックバック:0

金魚

2013/07/01(Mon) 06:43
● 30日に、金魚を購入しました。まる~い形状が気に入って、オレンジ色がかった"らんちゅう"を長男の智之といっしょに選びました。水槽の中を涼しげに、ゆったり泳いでいる様子を観ているとすごく心が安らぎます。これから、ブログの話の種になってくれるのではないかと期待します。









監督・制作:岩瀬 夏緒里 "婆ちゃの金魚" (2012)



作曲:宗近 智美
サウンドデザイン:相澤 里紗






未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

AnimationFreaks

Author:AnimationFreaks
Tsujisaki Family HomePageのDiaryと並行して日々の感じた事柄を綴っております。皆さん、お気楽にコメントをよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR