FC2ブログ

Tsujisaki Family Communication Corner

2013 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12
マウスストーカー

カラオケとスジエビ

2013/11/28(Thu) 00:16
● 11月26日(火)は 私が早くに帰宅したのと、日課を終えた長男の智之の要望で、家族で、カラオケに行きました。私と長男は、まず、先日、行きましたポールさんのコンサートの似ても似つかない真似事をして、『Yesterday』、『All My Loving』そして 『Help』を歌わせていただきました。次男の裕之と千晶さんは、『アンパンマン」』や『機関車トーマス』のテーマ曲を歌いました。後は、個々に思い入れのある曲を歌わせて頂きました。やはり、大きな声を出して歌うのは気持ちが良いです。

  11月27日(水)の早朝、水槽の様子を見ると、エビの数が4匹になっておりました。今しがた、仕事から帰宅して水槽の中をみましたら、エビが3匹になっておりました。ギギは1日に2匹のペースで、エビを食べています。

今は亡き、アリフ・マーディンのプロデュースのアルバム『キューピッド&サイケ'85』は当時の愛聴盤でした!!今聴いても、かっちょいい~っ!!

Scritti Politti  "Perfect Way"(1985)



スポンサーサイト
未分類 コメント:0 トラックバック:0

食事

2013/11/26(Tue) 01:44
● 11月25日(月)の早朝、水槽の様子を見ると、ギギがエビを食べ、数が6匹になっておりました。ギギは夜行性の魚なので、夜中に観察しておりますと、流線型のスマートなスポーツカーのナマズらしくない体型からも分かる通り、スピーディに泳ぎ、獲物をキャッチしておるようです。昼間は水槽のすみっこで、ただ、じっとしているだけなので、落差が面白いです。

私が洋楽を聴き始めた頃に、ヒットしていた曲です。トーキング・ヘッズのメンバーによる別ユニット。

Tom Tom Club  "Genius of Love"(1981)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

水槽

2013/11/24(Sun) 02:24
● 11月23日(土)は、朝から、家内とこども達は お隣の長岡京市で催された、おとくにこども演劇祭の観劇。私は彼らを車で、会場まで送った後、洗濯物干しと軽く家の掃除をした後、近所のペット・ショップへ急行!!ギギとスジエビ10匹を購入しました。そして、約一月ぶりに、水槽の中に生物を放った時、すごく何とも云えぬ嬉しさがこみ上げてきました。早速、餌を遣ってみましたら、彼らは雑食性なので、金魚の餌を、よく食べてくれて助かりました。とりわけ、エビさんたちの食欲には驚かされました。体が透明なので、食べたのが、よく分かり面白いです。これからは、彼らをちょくちょくブログに登場させます。

夕方から、ユニクロ・セールを 見たいという家内の千晶さんの要望で、向かったお店は 次男の裕之の眼鏡の歪みを直すのに都合の良い眼鏡店の近くのところへ行きました。

大滝詠一さんによるミックス・ヴァージョン。私が高校生の頃にリバイバル・ブームがあり、これをきっかけに、コミック・ソングにはまりました。

トニー谷  "さいざんす・マンボ(ザンス・ミックス・ヴァージョン)"(1953/1988)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

ギギ

2013/11/21(Thu) 23:59
● 11月21日(木)は、仕事が早めに終わりましたので、帰りに、久しぶりに、ペット・ショップへ寄りました。何も居ない水槽の中に、新たに入居してもらう為のお魚を探しに行きました。川魚の"ギギ"というナマズをかっこよくした感じの夜行性の魚に興味を持ちましたので、近々、購入しようと思います。

サントリー・トリスのCMで使われておりました。子犬が出てくるCM映像は黒澤明監督のカメラマンをしていた宮川一夫さんです。この作品で、1981年に、カンヌ国際広告映画祭のCM部門で金賞を受賞しております。お酒のCMの曲って良い曲が多いと思います。

菅原進(ビリーバンバン)  "琥珀色の日々"(1981)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

向日市まつり(2)

2013/11/18(Mon) 00:19




● 11月17日(日)は、昨日に引き続き、長男の智之が 向日市まつりのステージの衣装紹介と行列に参加致しました。、本日は我が向日市に実在した、戦国時代の武将、物集女(もづめ)氏の率いる西岡衆(にしのおかしゅう)という武者行列に参加致しました。今回の武士の衣装は 本人の大そうな気に入り様でした。来年も出る勢いです。



  昼からのステージで、『仮面ライダー・ウィザード・ショー』があり、次男の裕之は 大変気に入り、二回も同じショーを観ました。男の子はライダー好きですね!!

  私はJRのブースでアンケートに答え、お気に入りのタツノコプロのクリアファイルをゲットしました。バザーでは、次男の裕之に、トミカのパトカー2台を100円でゲット!!お買得でした。あとは次男の気に入りそうな絵本を買い込みました。昨日と今日で、近場で、安く楽しく過ごせました。



単純に良い曲なので添付しました。

Harry Nilsson  "Everybody's Talkin'"(1969)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

ポール・マッカートニー Out There Japan Tourと向日市まつり(1)

2013/11/17(Sun) 02:33
● 11月12日(火)の、ポールさんのコンサートは、あっという間の3時間でした!!ビートルズ・ナンバーで始まり、ウィングス・ナンバーや新譜の『NEW』からのナンバーが演奏されました。長男と私の二人で、お気に入りの曲が演奏されますと、お互いの顔を見合わせ頷いたり、ポールさんと一緒に振り付きで踊り、歌いだしたりしました!!会場全体で、『オブラディ・オブラダ』や『ヘイ・ジュード』を 合唱した時は胸が篤くなりました。アンコールは二回ありました。今回のビートルズ・ナンバーはジョンのボーカルの曲も歌っていましたので、新鮮に聴くことが 出来ました。

16日(土)は向日市まつりがあり、長男の智之が史実に基づく、長岡京の頃の貴族の衣装を纏い、行列に参加いたしました。久しぶりのステージにも上がり紹介されましたが、皆の前であがりもせずに臨んでいる様子に親としては安心させられました。



ポールさんのめずらしくテクノっぽい曲です!!

Paul McCartney  "Temporary Secretary"(1980)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

めがねとポール・マッカートニー Out There Japan Tour

2013/11/14(Thu) 19:40
● 11月12日(火)に、次男の裕之のめがねができました。始めは馴染めず、かけてもすぐに外しておりました。次の日は 馴れてきたのか、自分から、めがねをかけておりました、やはり、かけているほうが、見やすいのだろうと思います。14日(木)に保育所でめがねデビューさせるつもりでしたが、所長さんから、他のこどもたちにめがねの事や、めがねをかけている子に対する接し方を説明したり、保育所での、めがねの管理方法について準備をせねばならないということで、来週か再来週からのデビューとなりました。

  12日は 待望のポールさんのコンサート日でありました!!長男と二人で、大阪の京セラドームに行く足取りの早いこと早いこと!!。会場に到着した時は 二人ともワクワク感が頂点に達しておりました!!公演の始まりまでに、オープニングとして、ポールさんの生い立ちを 美しく編集した映像に、彼の曲をサンプリングしたものをバックで流しておりました。15分ほどの間、その映像で公演までのファンの高揚感を高めさせて、ポールさん登場してくれました!!そこからは、私達、親子を心地良いお祭り騒ぎへ誘ってくれました。無我夢中で、皆、歌い踊り、泣きました!!つづく・・・。

ポールさん!!、至福のひと時をありがとうございました。長男との良き思い出が出来ました!!

Paul McCartney  "NEW"(2013)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

家内奮闘!!と法事(七回忌)とアニメーション・ワークショップ

2013/11/12(Tue) 02:08
● 11月9日(土)に、家内は長男の智之の小学校の行事の実行委員になっているので、朝から用意でてんてこ舞い。私は生憎、土曜出勤でしたので、祖父に用事を頼んだそうな。しかし、祖父は翌日の祖々母の七回忌の用意で、忙しくあまり見てもらえず、結局は長男に見てもらったらしい。それを聞いて、私は 長男が たくましく頼りになるようになったのを 嬉しく思いました。学校行事の後、家内とこども達はJR西日本吹田総合車両所へ行ったそうな。次男の裕之が大そう嬉しかったらしく、私が帰宅するやいなや、電車のことをいろいろと話してくれました。

  10日(日)は朝から、私から見て、祖母にあたる与志さんの七回忌でした。久しぶりに、親戚と会い、和やかに近況などを話をしました。法事の方は、いつものお坊さんの都合が悪く、お坊さんの長男さんが来られました。『正信偈』等を 皆で読み唱えますと、すごく心が落ち着きます。唱えているうちに、脳裏に焼きついている、信心深い祖母の"お勤め"の唱え声を思い出し、時間を共有しているかのようでした。浄土真宗とは、どのような物かを知る為に、アニメ『日本昔ばなし』を制作していましたグループタックがアニメ『親鸞さま』というのを制作しているので、こども達と観てみようかと思います。



  昼からは 私と長男とで、アニメーション・ワークショップに参加。簡単なコンピュータ・アニメーションの作成方法を学んで、一つ作品を制作し、発表して参りました。長男が少し操作に悩みながらも、動画をつくる楽しさを学んでおりました。本人曰く「たいへん楽しかった!!」そうです。



仏教と云えば、お釈迦様。そして蓮ですよね。細野さんの作品の重厚感のある心地よく洗練された曲の一つです。

Y.M.O.  "LOTUS LOVE"(1983)



作詞:細野晴臣 作曲:細野晴臣

未分類 コメント:0 トラックバック:0

七五三

2013/11/09(Sat) 21:04


● 11月8日(金)に七五三ケーキを食べました。家内が 洋菓子屋さんのポイントカードがたまったので、商品と交換したらしいです。次男の裕之は三歳ですが、男の子は、三歳の七五三はしないと思うのですが、まあ、美味しい物を頂けるのなら、何でもありかなあと思いました。



なんか、数字つながりで、この曲が思い浮かんだので貼り付けました。素直に、元気がでる良い曲で、好きです。

水前寺清子  "三百六十五歩のマーチ(ワン・ツー・パンチ)"(1968)



作詞:星野哲郎 作曲:米山正夫 編曲:小杉仁三

未分類 コメント:0 トラックバック:0

眼鏡

2013/11/07(Thu) 01:22
● 11月5日(火)の休み明け早々に、家内が 次男の裕之の眼鏡を発注してくれました。3歳の子なので、保育所なんかで、暴れてすぐに壊しそうなので、デザインの違う眼鏡を2本購入しました。前日に、眼鏡屋行脚しましたので、購入する店は決めておりましたので、善は急げ!!ということです。それでも、弱視用なので、10日ほど、掛かるらしいです。これで、我が家は "眼鏡一家"となりました。

中村一義さんがつくる作品は、詞も曲も面白い。それに加えて、山村浩二さんの奇想天外な愛らしいキャラクターのアニメーションが更に面白みを加味している。

中村一義  "Jubilee"(1999)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

イベント三昧と新しいもの

2013/11/05(Tue) 02:54
● 11月3日は朝から、家内が 次男の保育所の幼児のためのイベントの実行役員をしているので、私とこども達の三人は 家内の仕事ぶりを見学しつつ、魚釣りやたくさんの風船の中で遊んだり、ボール蹴り等の室内イベントを楽しませて頂きました。バザーでは次男の遊び場用のマットを購入。それから、家内が柳原良平さんのトリスのグラスを購入してくれていた事に凄く、感謝しました!!




  昼からは社協まつりを楽しみました。立体迷路を兄弟で楽しませたり、グライダー当てや紙芝居それに、演奏や合唱等もりだくさんの出し物を楽しませて頂きました。昼から、用事を済ませた家内と合流。つきたて餅や焼きソバやカレーライスを四人で分けて食べました。夕方は図書館で、読書三昧。




  4日は昼から、新しい冷蔵庫と洗濯機が配達されるので、朝から家の中の掃除を皆でして、今か!今かと待ち侘びておりました。昼の1時30分に来てくれ、両親から、譲り受けた、私が中学生より、使用されてきた、昭和の冷蔵庫と交換してもらいました。それにしても、昭和の冷蔵庫は 最後まで、壊れず良くもちました。最後は時代の流れで、エコ化機能のついたものと交換にはなりましたが、よく頑張ったエライやつでした。褒めたあとで、何ですが、やはり、さらも ほんまに良いなあ!!と思います。

  3時過ぎより、次男の裕之の弱視用眼鏡の物色。結局、決まらずに吟味することとなりました。私自身が新しい眼鏡が欲しくなるぐらい、最近は 安くて面白い形のフレームの眼鏡が豊富にありますね!!

どこか淋しげで、心に響く、感傷的なパペット・アニメーション作品。作家は 村田 朋泰さん。

Mr.Children  "Hero"(2002)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

手塚治虫

2013/11/03(Sun) 22:27
● 11月3日の文化の日は手塚治虫さんの誕生日。若い頃の私は どんなにか、彼に近づきたくて、彼の自伝やエッセイ、アニメや漫画の作品を鑑賞し、更に作品の描き方についての本を読ませて頂きました。また、実際に漫画を描く上で、作品を創作するに当たっての姿勢を真似もし、私は 両親よりも、人間形成に影響を受けた方は他におりません。とにかく、存在そのものが、かっこ良かった方でした。私の密かな夢は 私のこども達を 彼のような人間にさせることです。また、私自身も、子育ての合間に短篇アニメ作品を拵えて、何か賞を頂きたいなあという夢があります。これは定年後の暇を持て余す頃になりそうですけれども・・・。

手塚さんと云えば、テレビ国産初のアニメの金字塔であるこの作品ですね。

上高田少年合唱団  "鉄腕アトム"(1963)



高井達夫 作曲 谷川俊太郎 作詞

未分類 コメント:0 トラックバック:0

本番!!

2013/11/02(Sat) 05:46
● 11月に入りました。今年も 残すところ二ヶ月です。年々、一年の周期が早く感じられます。会社の有線放送の曲が、鈴の音の付いたクリスマス・ソングばかりが流れるようになりました。10月半ばから、冷え込み出しましたので、そろそろ、紅葉が見頃ではないのかと思います。

  さて、本日の2日、長男の智之の朗読劇『竹取物語』の本番です。会場は長岡京市立中央公民館 3F 市民ホール 午後1時30分~4時。 会場は長岡天満宮の八条ヶ池の向かい側の図書館や記念文化会館が建ち並ぶ一角です。駐車場もあります。興味を持たれた方は 足を運んでやって下さい。

  私は 残念ながら、土曜出勤ですので、ビデオで、鑑賞させてもらいます。本番に強い子なので、大丈夫と信じております。落ち着いて演じてくれるでしょう。 

この曲は 湯川秀樹博士がノーベル物理学賞を受賞した時の祝賀パーティで、演奏されたそうです。

貴志康一  "竹取物語"(1933)



貴志康一(1909~ 1937年) 作曲
ヴァイオリンとピアノのための作品「竹取物語」

小栗まち絵 ヴァイオリン
戎洋子   ピアノ

未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

AnimationFreaks

Author:AnimationFreaks
Tsujisaki Family HomePageのDiaryと並行して日々の感じた事柄を綴っております。皆さん、お気楽にコメントをよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR