Tsujisaki Family Communication Corner

2013 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01
マウスストーカー

長男の誕生日

2013/12/31(Tue) 20:29
● 12月31日(火)の大晦日は長男の智之の誕生日。智之がこの世に出て、早いもので、10年経ちました。とにかく、夫婦共々、最初のこどもでしたので、次男の裕之に較べ物にならないくらい彼の写真をたくさん撮りましたし、赤ちゃんについての本で勉強したり、早期教育についての情報に踊らされて、使いもしない教材を大枚をはたいて買い込みました。今にして思えば、必死だったんだろうなぁと思えます。とにかく、それらの事柄を無駄にせず、教訓としたり、次男の裕之にも、また、違う意味で、活用できると思います。まぁ、思うように行かなかった事もありますが、私達の夫婦のこどもとして、誇りであり、何ものにも変えられない唯一無二の宝物として、自立するまで、大切に育て上げます。ひとまず、彼に「おめでとう」と「ありがとう」の気持ちを伝えたいです。

Johnの『Grow Old With Me』のReply Songですが、曲調がすきなのと、素直に、「Thank You」という言葉が心地よく耳に届く所が気に入ってます。

Yoko Ono  "Let Me Count The Ways "(1980)



スポンサーサイト
未分類 コメント:0 トラックバック:0

ギア

2013/12/30(Mon) 07:43
● 12月29日(日)の夕方から、京都三条通りにあります旧毎日新聞社の建物の中の2F3Fの小劇場、"ART COMPLEX 1928"で、無言劇パフォーマンス『ギア-GEAE』を 家族で観てきました。私以外は 2回目で、かなり、気に入っており、今回は長男の智之の誕生日の祝いも兼ねての鑑賞でした。正直、私はあまり、面白いとは思いませんでした。どうも、もう少しメッセージというかテーマがあるものの方が好きなようです。しかし、私以外の家族はそのパフォーマンス(マイム・ブレイクダンス・マジック・ドール+プロジェクション・マッピング)を観て、ゲラゲラ笑っていました。3歳の次男の裕之なんか、すこぶる、ケタケタ、ゲラゲラと良い反応です。そこから、やはり、私の感性が鈍っておるのだなぁと感じました。パフォーマンス終了後、長男の誕生日を『ギア-GEAE』のプロジェクション・マッピングによるお祝い映像を流して頂き、有難かったです。

  午前中に、ギギの水槽全体の清掃をしてあげました。年始には、久しぶりに生餌を正月のお祝いに与えようかと考えております。

高校生の時に 良く聴いていました。英のインディーズ・レーベル、チェリー・レッドよりリリースされてました。Simon and Garfunkel っぽいなぁと思いつつ、当時は自分で良い物を探したい、屈折した時期でした。

Fantastic Something  "The Night We Flew Out The Wind"(1985)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

初雪

2013/12/29(Sun) 06:52
● 12月28日(土)の会社の大掃除の最中に雪が降ってきました。京都では、そんなに積もることがないので、雪が降るだけで、こどもの頃のように、ウキウキとした高揚感が湧いてきます。帰宅する昼間の間は止み晴天を覗かせておりました。夕方から、雨から霰となり、18時頃、正月の買出しの時には舞うように降り出しておりましたが、21時、買い物を済ませた頃には止んでおりました。

  12月29日(日)は朝から長男の智之のスピードスケートの練習日。今年、最後の練習です。今まで、怪我のために、身体を怠けさせていた分を 取り戻さないとあかんと思います。まぁ、本人のやる気スウッチ次第ですが・・・。

こどもの頃、雪が降ると、よく口づさんでおりました。

明治43(1910)年から昭和19(1944)年までの音楽の教科書の曲で、文部省は作詞者・作曲者に報酬を払い、名は一切ふせて、作者本人も口外しないという契約を交わしていた為、作詞、作曲者が明らかでないものがほとんど。「雪」の教科書初出は明治44(1911)年。

ドヴォルザークの「聖書の歌~第10曲「主に向かって新しい歌を歌え(Zpivejte Hospodinu pisen novou)」(1894)の似ているらしいです。


SHOBIウインドシンフォニー  "雪(雪やこんこ)"(1911)



正式名称は『雪』(ゆき)
日本の童謡。文部省唱歌。作詞者、作曲者ともに不詳
指揮:佐藤正人
編曲:岩井直溥


未分類 コメント:0 トラックバック:0

仕事納と大掃除

2013/12/28(Sat) 06:05
● 12月25日(水)にサンタさんより、プレゼントを貰ったこども達は楽しそうに遊んでおります。特に、長男の智之の携帯ゲーム機(3DS-LL)は 何時間でも、遊んでいそうな気がしますので、親の時間管理が必要のようです。次男の裕之は アンパンマンのペンを絵柄にタッチすると、音声を発する図鑑なので、飽きるときちんと本を閉じて、片付けてくれるのが微笑ましいです。

  12月27日(金)は仕事納でした。一年というものは あっと言う間に過ぎるなぁ~といつも感じます。仕事上で、管理しているフォントや画像に関する問題点が頻発しましたが、解決法は来年に持ち越されます。冬休みの宿題として、いろいろ、本屋で、情報収集してみようかと思います。

  12月28日(土)は会社の大掃除。おやつタイムあたりに、終了させるのが目標です。今年も、得意先様より、頂いたカレンダーをたくさん持ち帰り、家族や親戚に配り回ります。

年末になりますと、頭の中のジュークボックスが この曲をかけてくれます。落ち着いた気持ちにさせてくれる良い曲です。

中島みゆき  "時代"(1975)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

Merry Christmas!!

2013/12/25(Wed) 23:58
● 12月25日(水)はクリスマス!!。今日もささやかに、クリスマス・ソングを歌い、チョコロールケーキを 頂きました。そして、サンタさん、今年もこども達にプレゼントを持ってきて下さってありがとうございました!!感謝します!!

特に、クリスマスの曲では ありませんが、好きな作曲家であるのと、時季が合いますので、添付しました。指揮者は 『スター・ウォーズ』等有名な映画音楽を手掛けるジョン・ウィリアムスさんです。この曲を聴きますと、ワクワクします。

Leroy Anderson  "Sleigh Ride"(1948)



John Williams & The Boston Pops

未分類 コメント:0 トラックバック:0

クリスマスがらみ

2013/12/25(Wed) 01:07
● 12月23日(月)の祝日は午前中にギギの水槽の水換えをして、こども達は図書館主催のお話会とクリスマス・コンサートに連れていきました。午後は 家族で、クリスマスのお祝いを前倒しで、お昼に贅沢な外食をしました。夜は復興工事が済んだ嵐山の渡月橋のライトアップを観に行きました。たくさんの観光客で、賑わっていました。



  12月24日(火)は 夜の九時に帰宅。私の夕食を済ませるのを待っていた、家族とささやかなクリスマス・パーティ。クリスマス・ソングを歌った後、ケーキを食べながら、今日あった事柄など、話しながら楽しみました。

  12月25日(水)は サンタさん、来はるかなぁ~?! クリスマス済んだら、正月準備かぁ!!!今週で、仕事納めで、大掃除せな、あかん!!それから、次は大晦日に長男の智之の誕生祝いせなあかんし~!!気忙しいです。

アメリカの良心的作品『PEANUTS』のテレビアニメの特番用音楽。最良のジャズの入門的アルバム。心優しきチャーリー・ブラウン大好きです。

Vince Guaraldi Trio  "A Charlie Brown Christmas (Full Album) "(1965/1988)



未分類 コメント:1 トラックバック:0

冬休み

2013/12/23(Mon) 01:03
● 12月21日(土)から 長男の智之は冬休み。数が少ない冬休みを宿題を 前日の20日(金)の2学期の終業日に、ほぼ、終わらせて、土曜日の朝から家内と共に、京都市美術館の主催による、小学生のための美術鑑賞会へと出向きました。次男の裕之はおじいちゃんと共に、大阪のグランフロントへ遊びに行きました。

  12月22日(日)は 朝から、配水管の掃除があるため、業者さんが作業をされるリビング等の部屋の掃除を家内としておりました。長男の智之には ピアノ教室を 1人で電車で行ってもらい、帰りは車でお迎え。ピアノの先生より、手作りケーキとクリスマス・プレゼントを 次男の裕之の分とともに頂きました。感謝!! 昼から、家内は 大学の頃の友達の結婚祝いを 同窓生の皆で購入するのに、京都の河原町へ、行きました。留守番の我々、男衆、三人は 暇つぶしに、トイザラスへ行き、おもちゃの物色やヒーローのソフビ人形で遊んでおりました。長男はお気に入りのポケモン・トレッタをしておりました。さんざん遊んだ後,帰宅してレンタルしていたストップモーション・アニメーション『パラノーマン ブライス・ホローの謎』を鑑賞しました。キャラクターの顔を アニメーションで初めて、フルカラーの3Dプリンターで制作していて、自然な表情の動きになっていました。よくぞ、三年かけて、拵えたなあと感心しつつ、鑑賞後、皆で、どこが良かった?とかどのシーンが好きやったか?等の感想会をしました。

美しいボーイ・ソプラノにうっとりします。『スノー・マン』は私のコレクション・アイテムの一つです。詩的で何度観ても、飽きない良作です。

Peter Auty  "Walking In The Air"(1982)



From the animated short "The Snowman" by Raymond Briggs.
Song by Howard Blake


未分類 コメント:0 トラックバック:0

クリスマス会と健康診断

2013/12/21(Sat) 02:47
● 12月15日(日)は 次男の裕之は 保育所の父母会の親睦会があり、家内と二人で楽しんできました。私は送迎のみでした。

  12月16日(月)は 長男の智之が学童のお楽しみ会を楽しんできました。前日に、プレゼント交換の為のプレゼントを折り紙で拵えておりました。

  12月17日(火)は 長男の智之が日本脳炎予防接種をしました。 

  12月18日(水)は 次男の裕之の保育所で、クリスマス会があり、家内と二人で楽しんできたみたいです。サンタさんに木製の着せ替えパズルを貰って、大変喜んでいました。

  12月20日(金)は 長男の智之のソロバン塾で、クリスマス会があり、本人は手品の出し物をしたり、いろんな子たちの発表や遊びやゲームを楽しんでおりました。景品をかかえて、嬉しそうでした。

  12月21日(土)は 土曜出勤日で、午前中は 私の健康診断日。会社で、二手に分かれての診断で、私は今回、後半のグループになりました。前半のグループは先月末に済ませておりますので、今回は交代でお留守番です。バリウム飲んでの、胃の検査は、ゲップをしないか、いつも心配です。

  今週を振り返りますと、お楽しみ会等のイベントづくしでした。来週も、あたまからの連休のイベントとクリスマス、そして、大晦日の長男の智之の誕生日祝いが控えております。気忙しい月でございます。

  ナマズ科のギギは水槽を薄暗くしますと、泳ぎだして、赤虫を良く食べております。水槽を明るくしている間は、すみっこで、置物状態なのですが、暗くなったところでの、泳ぐ姿はかなりスマートな泳ぎっぷりで括弧よいです。

堺正章Versionを聴きたたかったのですが、ありませんので、よく似た感じのを貼り付けました。アニメーションも月岡貞夫さんのが観たかったな~。「みんなのうた」のDVDは 以前に売られていたような気がしますので、あったら買おうと思います。

石岡ひろし&東京放送児童合唱団  "北風小僧の寒太郎"(1974/1984)



作詞:井出隆夫、作編曲:福田和禾子

未分類 コメント:0 トラックバック:0

クリスマスツリーとスケートとギギ

2013/12/17(Tue) 03:49

● 12月15日(土)は クリスマスツリーを飾りました。次男の裕之が たいそう喜んでくれまして飾り甲斐があります。長男の智之は毎年、スケートをしている男の子のオーナメントを「これはぼくだっ!!」と主張してツリーの上側に飾ります。


  長男の智之のスケートは だいぶ、本調子に戻ってきましたのが、今回の大会は見合わせて、ゆったりと楽しみながら継続させてあげようと思います。


  ギギの水槽の中のミズミミズは濾過槽のフィルターを洗い再セットしましたら、雲散霧消となりました。16日の夜に赤虫をあげた後、水槽の近くで、家族と談笑しておりましたら、めずらしく、泳いでいる姿が視線の端に入りましたので、気付かれないように様子を伺うと、スムースに泳ぎながら赤虫を食べているのを確認できました。

ファンクラブ用 or B面の曲ですが、時季にマッチしてますので、添付しました。

The Beatles  "Christmas Time Is Here Again"(1967)




未分類 コメント:0 トラックバック:0

ミズミミズ

2013/12/15(Sun) 09:13
● 12月13日(金)は ギギの水換えをしました。最後の生餌のスジエビを食べておりました。これで、しばらく、赤虫を与えていこうと思います。水換え時に、気が付いたのですが、ミズミミズが大量に発生していており、生餌が自然発生!?しておりました。おそらく、濾過槽のメンテをしていなかったので、乾燥赤虫の中に卵が混入していたものが孵ったのかなあとも思えます。


  12月14日(土)は 土曜出勤でしたが、入稿量が少なく定時で上がれましたので、帰宅。家内は こども達をおじいちゃん家に、預けて、忘年会へ行っており、私は家内から、頼まれておりました洗濯物干しをし、適当に夕食を食べた後、こども達と合流。家内の忘年会が終わるのを見計らって、おじいちゃん家を出て、家族合流して、長岡京駅前のクリスマス・イルミネーションを観て帰りました。

当時、イギリスのネオアコが好きでしたので、彼らのデビュー・アルバムは この曲を聴いて即、買いました。

Dream Academy  "Life In A Northern Town"(1985)




未分類 コメント:0 トラックバック:0

映画とスケートと諸々

2013/12/10(Tue) 02:11
● 12月07日(土)は 午前中は 長男の智之のピアノ教室の送迎。お昼からは『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』を 家族で観て来ました。二大スター競演による、ハラハラドキドキのシーンやかっこ良いアクションシーンで、大人からこどもまで、楽しめる作品でした。三歳の次男まで、集中して、最後まで、観ておりました。私なんかはオープニングで、ルパンのテーマ曲が大音量で、流れるだけでも、鳥肌もので、気分が高揚してしまいました!!

  12月08日(日)は 午前中、私と次男の裕之は ナマズの仲間の"ギギ"という魚のための餌の獲得するためにアミとペットボトルの罠を持って、川に行きましたが、収穫ゼロで、ございました。好物らしいので、赤虫をあげときました。当分、赤虫で、様子を見ようと思います。食べているところを見せてはくれませんが、水槽から、無くなっておるので、食べているのだと思います。




  夕方からはいよいよ、長男の智之がスピードスケートを復帰をするため、ならし滑りを始めました。骨折からの長い間のブランクがあり、私や家内は不安で、いっぱいでしたが、すんなり馴染んで滑られるようになりました。良かった!!

  帰りに、京セラビルのイルミネーションを観てから、なか卯で、外食して家に帰りました。













ジャズのピアニストでもある、作曲家の大野雄二さん、自作の曲 "Theme From Lupin the third" をかっこよく、演奏をされております。

大野雄二 トリオ  "Theme From Lupin the third~Sam Sack"(1977・1962)



作曲 大野雄二
ピアノ 大野雄二 、ベース 俵山昌之、ドラムス 村田憲一郎

未分類 コメント:0 トラックバック:0

忘年会

2013/12/07(Sat) 06:01
● 12月06日(金)は 会社の忘年会でした。今回は祇園にある、『とり安』さんでとり鍋を いただきつつ、日本酒ばかり飲みました。皆、この1年の労を ねぎらい、わいわいと楽しいおしゃべりをして、楽しい一時でした。

  私たち、一家の1年は あっという間でした。毎年、歳を重ねるたびに、そう感じます。後、今年の残り僅かの日々を 気を引き締めて、充実した日々を過ごしたいです。

バラクーダのベートーベン鈴木さんは 今も芸能活動をされておられます!!他にも楽しい曲をつくられておられ、皆、笑えます。稀有な歌と笑いの天才作曲家です?!

バラクーダ  "日本全国酒飲み音頭"(1979)



作詞 岡本圭司
作曲 ベートーベン鈴木

未分類 コメント:0 トラックバック:0

ペースとウォルト・ディズニー

2013/12/05(Thu) 06:37
● 12月04日(水)の朝、ギギの様子を伺うと、ひめだかが4尾、小赤が2尾残っておりました。仕事から、19時頃に帰宅した時には ひめだかは居らず、小赤2尾のみでした。そのうち1尾はひれのあちこちをかじられておりました。





  家族皆で、夕食を済ませたあと、京都駅の巨大クリスマスツリーを観に行きました。室町小路広場の長い階段には、JRのICOCA(イコカ)10周年の映像がクリスマスの映像とともに、映し出されていました。





  帰宅して水槽を観ると、小赤が尾を食べられて★になっておりました。もう1尾は 同じくひれをかじられておりました。間違いなく5日(木)の朝には生餌は無くなるでしょう。これらの件で、ギギはめだかサイズでは、1日に5尾、小赤サイズでは2尾のペースで食べることができるようだ。



  12月05日(木)は私の憧れの方、ウォルト・ディズニーさんの誕生日です。彼の生き様を 通して、これからも、世界中のこども達に、ひとつの事を成し遂げる為に必要な、夢や創造力や忍耐力等の多大な影響を与えてくれることでしょう。

デイブさん自身のこどもの為に、自分がどんな仕事をしているのかを分かり易く説明するために拵えたアルバムです。ジャズの入門盤としても最適です!!わたしの愛聴盤です。

The Dave Brubeck Quartet  "Dave Digs Disney ( Full Album )"(1957)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

小赤とクリスマスツリー

2013/12/03(Tue) 23:59
● 12月03日(火)の仕事帰り、ペット・ショップで、生餌にひめだかと小赤を購入。コイ科の魚はビタミンを減らしてしまう成分があるらしいが、そんなことはお構いなく、試しに小赤くらいの大きさの魚をギギが食べるのか?様子を観ようと思います。夜中に食べているので、明日、12月04日(水)の朝に確かめてみます。

  そろそろ、クリスマスなので、今週末はツリーを出そうと思います。ちなみに、長男の智之に、サンタさんに何をお願いすんの?と問いましたら。3DSらしいです。サンタさんも、サンタさんの資格を取るために50m走ったり、煙突昇ったり、せなあかんのにこども等のおもちゃのリサーチまでせなあかんのは 大変ですね~。

当時の売れっ子勢揃い!!この当時、中学生だった私はお小遣いで、12inch シングルレコードを 買って寄付に貢献しましたよ!!カラオケでまた、歌ったろっと!!

Band Aid  "Do They Know It's Christmas?"(1984)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

食欲旺盛とイルミネーション

2013/12/02(Mon) 02:13
● 12月01日(日)の朝、 ギギの様子を観ますと、生餌を半分食べておりました。いつの間に食べておるのやら!?不思議です。スジエビ2尾は健在です。

  12月02日(月)の午前12時半頃には生餌を 食べつくしました。午前6時すぎにはスジエビも1尾になっておりました。体長10cmのギギは2日で、10尾のひめだかを食べました。ひめだかでは小さすぎて、お腹が満たされてないのかな?いっぺんに、たくさん購入してあげるほうがよいのか?、小赤やドジョウのような少し大きめのものを餌としてあげれば良いのか?悩みどころです。ギギの食事するところを 見た事がありませんが、とりあえずは朝は乾燥赤虫を水槽にまぶしときました。夕方、帰宅し、水槽の清掃と少し水を換えてやりながら、観察してますと、赤虫はきれいに無くなっていました。しかし、試しに金魚の餌を与えていましたが、こちらは手付かずの状態でした。人口飼料は好まないようです。餌代が嵩みますので、そろそろ、こどもらと、自然観察がてら、ペットボトルで拵えた罠を 小川に仕掛けて、生餌を調達しようと思います。





  食事を済ませて、皆で城陽市で催されているイルミネーション、"ツウィンクル・JOYOを"みにいきました。次男の裕之の第一声が『むっちゃ、きれ~っ!!』には、笑えました。毎年、光のデコレーションに魅了されてます。帰りに、京セラビルのイルミネーションも観て帰りました。こちらも、きれいに電飾されてました。


この方と同郷、同世代なので、気になります。ほんま、ええコエーッ!!

槇原敬之  "冬がはじまるよ"(1991)



未分類 コメント:0 トラックバック:0

水換えと生餌とカラオケ

2013/12/01(Sun) 00:59
● 11月28日(木)は ギギさんの様子が変だなと気が付き、水槽の水を1/3ほど入れ替えしてあげると、元通り?!の体勢に戻り良かったです。エビさんばかり食べて、食べ残しのエビさんのお掃除を共食いするエビさんが、してくれるとはいえ、水がアルカリ性に傾き、汚れておったのでしょう。魚さんにとっての水管理は気を配らないと駄目です。

  11月29(金)は ギギさん、エビさんを3匹以降、何も食べず、腹を空かせていると思い、仕事帰りに、近くにある"アヤハディオ"のペットコーナーへ寄り、売れ残りの餌用めだかを2尾と乾燥赤虫を購入。帰宅後、すぐに生餌を水槽内へ投入すると、やはり腹を空かせておるのか、めだかが側に寄ると激しく動きだします。しかし、人が観ている前では食べませんので水槽の部屋を消しておきました。私達は 食事を済ませて、またもや、家族で、カラオケへ行きました。今回は個々のお気に入りを あまり力まず、歌わせて頂きました。帰宅後、すぐに水槽を観察するとめだかさんは2尾ともおりませんでした。


  11月30(土)は 土曜出勤日でしたので、仕事帰りに、"アヤハディオ"で再び、ギギさんの生餌を購入しました。今回は10尾ですので、2、3日は持つと思います。帰宅後、水槽を観察してみますと、エビさんが2尾になっておりました。食欲が出て来ましたので、ギギさん良好です。日曜日は、餌代を浮かす為に、近くの川で小魚を捕獲しようかなと思います。


久しぶりに、この曲をカラオケで歌いました。歌ってて、実感しますのは、やはり、『プロは歌うの上手いなあ~』ですね!!

David Sylvian & Ryuichi Sakamoto  "Forbidden Colours"(1983)



Vocal version of the theme from "Merry Christmas Mr Lawrence"

未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

AnimationFreaks

Author:AnimationFreaks
Tsujisaki Family HomePageのDiaryと並行して日々の感じた事柄を綴っております。皆さん、お気楽にコメントをよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR