FC2ブログ

Tsujisaki Family Communication Corner

2014 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03
マウスストーカー

シャーベットとスポーツ教室と時雨殿

2014/02/11(Tue) 01:43
● 2月8日(土)の土曜出勤日の朝は 雨でした。おかげで、昨晩から、降り積もっていた雪は おのずとシャーベット状に成り果て、自転車通勤は かなり、足下の悪い、嫌な出だしでした。

  この日は 長男の智之は 朝から、ピアノ教室と、そろばんの検定試験日でした。試験の方は 受かる自信があるとの事で、頼もしく思えました。結果が楽しみです。

  2月9日(日)は 朝から、長男の智之が 長岡京市の乙訓高校で、スポーツ教室に参加。今回はバスケットボールに挑戦。高校生のお兄さんの指導のもと、手取り足取り、ドリブルやシュートを教えてもらって楽しそうにやっておりました。長男は 小さい頃から、いろんな世代の方々と関わり合ってきましたので、わりかし、どこにでも、馴染むのが得意のようです。


  昼に私と長男が 帰宅。昼食を皆で、摂った後、私はギギの1/4の水換えや洗濯物をたたみ、長男は宿題を済まし、少し昼寝。家内と次男の裕之は 病みあがりなので、朝から、家でゆったり、読書や昼寝をしていました。

  3時に、家内が 外出の発令!!皆、駆け足状態で、車に乗り込み、行き先を 聞くと「時雨殿!!」とのたまう。我々、男三人衆は 一瞬「?!」となるも、気を取り直し、車中、お気に入りの『ゆず』や『SEKAI NO OWARI』、『きゃりーぱみゅぱみゅ』を聴きながら、運転手である、私は 自宅から、15分で行ける嵐山の時雨殿へ急行。

  家内のこのような、思いつきのような発想が 実は、お子様達に為になり、楽しめる場所を 吟味したものであることが 後から、体験してみて分かることが 多い。なかなか、わが妻ながら、いつも、関心します。

  いざ、時雨殿へ向かう。購入したチケットのしおりには それぞれ違う、百人一首の歌が書かれています。そう、時雨殿は百人一首の博物館なのです。入場は靴や手荷物を ロッカーに預けて、順路に従い見学。天智天皇から、順に、美しい書体で書かれた歌が 展示され、その中の一首に、"今日の歌"の張り紙がされ、さきほどの、しおりの歌と同じ歌であれば、受付で、記念品を頂けるらしい。それから、年代物の読み札や当時の歌よみの風景を人形で展示していたり、100人の読み手全ての人形の展示。私はその100人全ての人形達が気に入りました。そして企画展示を観て、2階の平安貴族の衣装の着付けと写真撮影を嬉々としてしました。皆様も、体験なさると良いと思います。着付けをしてくださる、橋本さんという方は漫画『ちはやふる』のエピソードで、時雨殿の見学時の場面に、出てきております。なかなか、かわいらしい、面白いかたでした。



  帰りは ファミレスの"BIGBOY"で、外食。子供たちは いつも、ここに入る前に必ず、ボビーくんと記念撮影したがります。 

木琴の音って、温かみがあり、好きです。やはり、楽器本来のアコースティックの心地よさが人を惹きつけるのだろうと思います。

THOMPSON TWINS  "HOLD ME NOW"(1983)



スポンサーサイト



未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

AnimationFreaks

Author:AnimationFreaks
Tsujisaki Family HomePageのDiaryと並行して日々の感じた事柄を綴っております。皆さん、お気楽にコメントをよろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR